会員専用ページ

精油とは

精油の作用

精油は、心と身体にさまざまな作用をもたらします。
ここでは、アロマテラピーにおいてよく活用される、基本的な精油の作用の一部をご紹介します。

心身への作用

心身への作用

鎮静作用

神経系の働きを鎮め、心と身体の働きをリラックスさせる作用です。

消化促進・食欲増進作用

胃腸の消化活動を活発にし、食欲を増進する作用です。また、胃の働きをよくすることを、健胃作用といいます。

ホルモン調節作用

ホルモンの分泌を調節する作用です。

免疫賦活めんえきふかつ作用

免疫の働きを強め、活性化する作用です。

細菌やウイルス、虫などに対する作用

抗菌・抗真菌作用

細菌や真菌(カビ、酵母など)の増殖を抑える作用です。

抗ウイルス作用

ウイルスの増殖を抑える作用です。

虫よけ作用

虫を寄せつけない作用です。