会員専用ページ

アロマテラピーインストラクター

アロマテラピーインストラクター 資格取得者データ

アロマテラピーインストラクター取得者数

23,558名(2017年3月31日現在)

受験の動機(複数選択)

1 アロマテラピーの知識を深めるため 91%
2 仕事のスキルアップのため 39%
3 アロマテラピーボランティアや香育を実施するため 31%

受験者の業種

1 医療関連 15%
2 理美容・エステ関連 12%
3 福祉関連 6%

勉強期間

勉強期間

34%の方が「仕事に活かすことができた」と回答

仕事に活かすことができた人が34%、就職・転職に繋がった人が13%と、資格がキャリアアップに繋がっています。

合格してよかったこと

「活躍の場が広がった」

  • ・年齢層もさまざまな、新たな交友関係ができました。パート勤めの普通の主婦が、指導者の立場になるなんて!信じられません。(40代女性)
  • ・子育て中心の生活から、教室や講座をするようになり、自分に自信が持てるようになりました。健康に過ごす方法を知ることができたのもよかったです。(40代女性)
  • ・講座を開くことができたり、スタッフとしてアロマイベントに参加したりと、アロマテラピーが趣味以上のものになりました。(50代女性)

「信頼感が高まった」

  • ・知識があっても、肩書きがないと認められないこともあります。肩書きのあるなしで相手の対応が違います。(40代女性)
  • ・アロマテラピーを知っている人にも、知らない人にも、やはり資格があるとないとでは信頼感が全く違うなと実感しています!(20代女性)
  • ・肩書きとして名刺に堂々と書けるし、それが信用にも繋がり、よかったと思います。(40代女性)

「仕事に繋がった」

  • ・認定教室として、アロマテラピーを勉強したいと考えている方々の力になれました。アロマテラピーと出合えてよかった!というお言葉もいただけました。(40代女性)
  • ・デイケアにアロマテラピーを取り入れているのですが、資格を取ることで利用者の方々にも安心して楽しんでいただけていると思います。また、香育の授業も行うことができ、アロマテラピーを通してさまざまな方々と交流が持ててよかったです。(40代女性)
  • ・娘の学校から香育授業の依頼があったり、地域のお祭りでアロマテラピーのブース出店のお話もいただくことができました。(50代女性)

これから受験される方へのメッセージ

「身体に関する専門知識は、家族の健康にも役立つ」

  • ・解剖生理学の勉強は大変でしたが、自分や家族の健康も気遣えるようになりますよ。(30代女性)
  • ・精油についての知識はもちろん、身体のこと、病気のことなど、自分の身体を客観的にみることができ、大きな学びになります。(50代女性)

「目的をもって楽しみながら勉強を!」

  • ・資格を取った後、何をしたいか考えながら勉強すると楽しいですよ。(30代女性)
  • ・仕事をしながらの資格取得は大変だと思いますが、私はアロマテラピーについて知れば知るほど楽しくて全く苦になりませんでした。資格取得をした今は認定教室の開校準備をしています。(40代女性)
  • ・資格をとらなくちゃ、勉強しなくちゃ、と考えるよりも、自然の香りの中に素直に身を置いて、気持ちよく感じることが一番大切で、資格取得への近道だと思います。(40代女性)

「AEAJの検定・資格」に関するアンケート

回答期間:2016年3月17日(木)~4月6日(水)
回答数:218人