会員専用ページ

イベントレポート

2017/05/01

AEAJイメージフレグランスコンテスト2016 (富山)表彰式

開催日:2017年2月26日(日) 

会場:東京国際フォーラム  ホールE/東京都千代田区

参加者数:129名

 

 14回目となったAEAJイメージフレグランスコンテストのテーマ地は「富山」。自然の豊かな富山をイメージした様々な作品が多数寄せられた中、環境大臣賞を含む5点が受賞作品となりました。

 表彰式は、第19回会員のつどいアロマフェスタ2017と同日に東京国際フォーラムにて開催。最初に梶原建二理事長が「211点という予想以上に多くの参加があり、富山への関心が高いことを実感しました」と挨拶で述べたのち、受賞者への賞状授与と富山県にちなんだ副賞が贈られました。その後、審査委員長による作品の講評や富山県観光課の方による魅力あふれる富山の紹介に続き、2017年度のテーマ地が熊本であることを発表し、閉会しました。

 なお、2017年度の応募作品募集に関しては、7月頃公式サイトに掲載予定です。皆さまのご応募をお待ちしております。


AEAJイメージフレグランスコンテスト 詳細についてはこちら 

■2016年度受賞作品

・環境大臣賞:「雄山の天風」中富貴仁さん(東京都)

・富山フレグランス賞:「nostalgia for~あいの風にのせて~」伊藤彩子さん(石川県)

・日本アロマ環境協会賞:「薬草を巡る旅」内山華緒里さん(三重県)、「立山連峰より雨晴海岸
 へ・春~命の出合う瞬間~」徳田育子さん(徳島県)、「おわら風の盆 女踊りの人」宮山由香利
 さん(福岡県)

 

■受賞者からの喜びのコメント

「作品のイメージ作りにはかなり時間をかけました。立山の高い青空から吹き降ろす神聖な天風を
 イメージしています」(中富さん)

「夏に富山へ帰省したときに感じた、山の峰々がやさしく包み込んでくれる女性的なイメージを、
 香りで再現しました」(伊藤さん)

「春が来る直前の、シーズン最後に降る雪を思い浮かべ、ふわっとやさしいイメージに仕上げまし
 た」(徳田さん)

「富山のことをいろいろ調べた結果、おわら風の盆の女踊りがいちばん印象に残ったので、その
 イメージをふくらませて作りました」(宮山さん)

*残念ながら内山さんはご欠席でした。

 
■後援
・環境省、富山県、公益社団法人 とやま観光推進機構、富山新聞社

 
■表彰式の様子

(左から)
プレゼンター:AEAJ梶原理事長、公益社団法人とやま観光推進機構 朝倉副会長、
早水環境大臣官房審議官、受賞者:中富さん、伊藤さん、徳田さん、宮山さん