会員専用ページ

「みどり香るまちづくり」企画コンテスト

「みどり香るまち」通信 vol.26

平成23年度 日本植木協会賞受賞

みどりの香り&みどりの風が吹く 小菅沼・ヤギの杜

企画者:小菅沼・ヤギの杜
企画場所:富山県魚津市

棚田に沿ってキンモクセイとニオイヒバを植樹。「マイ記念樹」として植樹した人のネームプレートが付けられている。 棚田に沿ってキンモクセイとニオイヒバを植樹。「マイ記念樹」として植樹した人のネームプレートが付けられている

 富山県魚津市の小菅沼地域は、棚田が広がる美しい中山間地。ここでヤギを使っての除草や鳥獣害対策、地域活性化の活動を行っているのが、小菅沼・ヤギの杜です。「みどりの香り&みどりの風が吹く小菅沼・ヤギの杜」は、荒れた農地や法面のりめんの除草にヤギを利用するとともに、香りのある樹木を植え、多くの人たちが訪れることによる地域の活性化や里山の再生と保護を目指して企画されたものです。

ヤギも加わってのキンモクセイの植樹風景。 ヤギも加わってのキンモクセイの植樹風景

ラベンダーの定植の様子。毎年、ラベンダー摘みやラベンダースティック作りを開催している。 ラベンダーの定植の様子。毎年、ラベンダー摘みやラベンダースティック作りを開催している

 季節ごとに香りのリレーを楽しむことができるようにと、棚田をつなぐ道沿いに植えられたのは、春を告げるジンチョウゲ、初夏にさわやかなラベンダー、そして秋に香るキンモクセイ。あぜ道の草を 食 は むヤギとの触れ合いに加えて、美しい景観と香りを求めて、以前よりも多くの人が訪れるよ うになりました。「マイ記念樹」として多くの市民の方々に植えてもらったジンチョウゲとキンモクセイも、3年がたち、より見事な花を咲かせ、季節ごとに訪れた人たちに癒やしを与えてくれます。小菅沼地域は、香りとヤギの相乗効果によって、地域活性化と里山の景観が保たれているといえるでしょう。

(小菅沼・ヤギの杜 柴沢美恵子さん)