会員専用ページ

「みどり香るまちづくり」企画コンテスト

「みどり香るまち」通信 vol.24

平成23年度 環境大臣賞

クスの木の下で「噴井の里 香りそよぐ」 〜市民とお店のコラボレーション〜

企画者:大垣市環境市民会議/ユニー株式会社 アクアウォーク大垣
企画場所:岐阜県大垣市

クスの木を中心として、周りには四季を感じることのできるさまざまな花や木、ハーブが植えられている。 クスの木を中心として、周りには四季を感じることのできるさまざまな花や木、ハーブが植えられている

 岐阜県大垣市の大垣駅北口に隣接するショッピングモール「アクアウォーク大垣」。敷地内に造られたのが、約700坪ほどの広さを持つ癒しのコミュニティパーク「クスの木の下で『噴井の里 香りそよぐ』」です。レジ袋削減などの環境活動を行っていた大垣市環境市民会議が、アクアウォーク大垣と協働し、市民が癒される環境に優しい街づくりの拠点として完成させました。

草取りなど公園の維持管理は、市民によるグリーンサポーターが定期的に行っている。 草取りなど公園の維持管理は、市民によるグリーンサポーターが定期的に行っている

市民と事業者であるアクアウォーク大垣との協働によりさまざまな活動が行われている。 市民と事業者であるアクアウォーク大垣との協働によりさまざまな活動が行われている

 豊富な地下水に恵まれ、「噴井の里」と呼ばれた緑豊かな大垣市。通勤や通学で行き交う人たちを見守る2本のクスの木をシンボルとした公園は、四季折々の香りを楽しみながらやすらぎを感じることができるようにと、周りには季節の巡りを感じることのできる花や木、ハーブが植えられています。さらに、散歩コースやベンチが設けられ、地域の人たちにくつろぎの空間として親しまれています。環境大臣賞受賞を機に市民ボランティアを募集、公園の管理や植樹活動は、このグリーンサポーターの人たちと、アクアウォーク大垣とが協力して実施。環境に優しい人づくり、街づくりを進める環境保全活動のシンボルとしての役割も担っています。

(大垣市環境市民会議 事務局 奥田陽子さん)