会員専用ページ

「みどり香るまちづくり」企画コンテスト

「みどり香るまち」通信 vol.4

平成18年度 日本アロマ環境協会賞

「TX 研究学園・葛城、千本桜まちづくり事業」

企画者:茨城県つくば市、つくばエクスプレス沿線葛城/遠東地区まちづくり協議会
企画場所:茨城県つくば市

参加の皆さんが一緒になって2 年目の植樹式 写真提供:つくば市(2点とも) 参加の皆さんが一緒になって2 年目の植樹式 写真提供:つくば市(2点とも)

 つくば市は、平成17 年8 月に“つくばエクスプレス”が開業し、沿線のまちづくりが進んでいます。受賞企画は、「千本桜まちづくり事業」を推進することで、住むひとびと、働くひとびと、訪れるひとびとの心に潤いと安らぎを与えるような空間、かおり環境を創出し、「つくばスタイル」にふさわしい景観づくりを行うことを目指しています。事業を進めるにあたり、市民や企業などの理解や協力を得て、新しいコミュニティの形成につなげていこうとする姿勢も評価が高く、受賞されました。植樹は、5 ヵ年計画で実施される予定です。

昨年植樹された桜越しにつくばエクスプレスの駅舎が見える 昨年植樹された桜越しにつくばエクスプレスの駅舎が見える

 つくば市TX まちづくり推進課の半田秀機さんは「昨年3月に実施した1年目の植樹に続き、今年2月には“かおりの樹木”の管理を実施している葛城・遠東地区まちづくり協議会の方々、地域の小学校、保育園の皆さんの協力で2年目の植樹を行うことができました。天候にも恵まれ、参加された方々には楽しい体験となったのではと思います。昨年植樹した“かおりの樹木”は、咲き始めた頃の降雨の影響などで短期間ではありましたが、かわいらしい花を咲かせてくれました。今後、“かおりの樹木”が大きく育ち、皆さんが“かおり”を楽しめるような環境を創出することができればと考えています」とおっしゃられていました。

アクセス

「千本桜まちづくり事業」:つくばエクスプレス
研究学園駅前付近