会員専用ページ

「みどり香るまちづくり」企画コンテスト

「みどり香るまち」通信 vol.1

平成18年度 環境大臣賞

奈川地区「かおりとチョウの森」づくり

企画者:長野県松本市/特定非営利活動法人 信州ビオトープの会
企画場所:長野県松本市

かおりとチョウの森/リョウブの花に来たウラギンヒョウモン かおりとチョウの森/リョウブの花に来たウラギンヒョウモン

 「かおりとチョウの森」は今、真夏を迎えています。8月11日には花火大会が行われました。池では子どもたちがマスつかみをしました。お盆前後は、当地を訪れる人や観光客はまばらですが、夏を彩る花々に群がるチョウたちが、短い夏を惜しむかのように忙しなく飛び交っています。

 ニオイコブシやクロモジなどの周年香り植物は触るだけで芳香が楽しめます。今春、チョウの吸蜜植物にと植えた花木の中で、アベリアは今、群開しています。これから秋遅くまでチョウに蜜を提供してくれることでしょう。

花をつけ始めた自生のハギ/赤トンボ 花をつけ始めた自生のハギ/赤トンボ

 アゲハチョウの食樹のキハダはまだ数十㎝ですが、元気に育っています。毎年大きくなるにつれて、チョウが産卵し幼虫を育ててくれることを期待しています。

 当地は標高1,300mですので、松本の市街地に比べて4℃ほど気温が低く、人にとってもチョウにとっても夏を過ごしやすいのでしょう。

 チョウ以外の昆虫も赤トンボが飛び交い、エゾゼミが盛んにギーギーと啼いています。空は抜けるような青さです。信州の高原の夏のイメージそのものです。 (塩原明彦さん/松本市奈川支所)

アクセス・連絡先

フォーレストフィールド奈川へのアクセス/車:松本ICから40km、約60分
問い合わせ先:松本市奈川支所(電話番号:0263-79-2121)