会員専用ページ

アロマの研究・調査

美容|Beauty

キャリアオイルのメラニン産生抑制作用

キャリアオイルは、高濃度で刺激性のある精油を希釈しアロマテラピートリートメントを安全に行うために使う植物油で、キャリアオイル自体にも生理活性物質が多く含まれています。16種類のキャリアオイルについて、メラニン産生に関わる酵素(シロチナーゼ)に及ぼす影響を調べたところ、その多くにおいてシロチナーゼが活性化するのを阻害する作用を有するキャリアオイルがあることがわかりました。このことから、調査したキャリアオイルにはメラニン産生を抑制する作用があるといえます。

【キャリアオイル(シアバターを含む)のメラニン産生抑制作用の比較】(16種より一部抜粋)

【キャリアオイル(シアバターを含む)のメラニン産生抑制作用の比較】(16種より一部抜粋)

※ 実験は、メラノーマ細胞を用いたインビトロ(試験管や培養器などの中で、ヒトや動物の組織を用いて反応を観察する)実験です。
各キャリアオイルは広く溶媒として利用されているDMSO(ジメチルスルホキシド)による抽出操作を行いました。DMSO可溶性抽出物でDMSO自体(コントロール)を100%として比較しました。

【チロシナーゼ阻害とは】

【チロシナーゼ阻害とは】 イメージ図

紫外線を浴びると活性酸素が発生し、その刺激により、メラノサイトが活性化されチロシナーゼの生成が始まります。
キャリアオイルは、チロシナーゼ活性を阻害することで、メラニン産生を抑えると考えられます。

原著論文「キャリアオイルのチロシナーゼ活性阻害およびメラニン産生抑制作用. 吉金優、熊谷千津、島上和則、手塚千史、野田信三、堀田龍志、村上志緒、山本芳邦、沢村正義.アロマテラピー学雑誌 Vol.15, No.1, 54-62, 2015」

Abstract : This study was performed to investigate the safety and functional properties of 16 kinds of carrier oils for aromatherapy. Furanocoumarins, which are present in some plants, are well known to cause cutaneous phototoxicity under ultraviolet radiation. Generally, the quantitative extraction of furanocoumarins from oils takes time and is labor intensive owing to the complexity of the process. We have developed a one-step extraction method that drastically reduces working time. In this first trial to determine furanocoumarin presence in oil samples, psoralen, xanthotoxin, bergapten, and isoimpinellin were not detected in any of the carrier oil samples. Biochemical studies were also performed, and all of the carrier oil samples showed inhibitory effects on mushroom tyrosinase activity, although jojoba oil exhibited little inhibiting. Further support for this inhibitory property is provided by the observation of melanogenesis in mouse B16 melanoma cells. These results promise to support the current research on the safety and skin-lightening potential of carrier oils.
Key words : carrier oil, furanocoumarin, tyrosinase, melanin, skin-lightening