会員専用ページ

アロマの研究・調査

安全性│Safety

精油10種のヒトの皮膚に対する安全性

AEAJでは、ボディ(顔は除く)に使用する精油の希釈濃度は、キャリアオイルに対して1%以下を推奨しています。1%以下という希釈濃度で、実際に皮膚刺激が起きないかどうかを確認した研究データをご紹介します。

実験では、アロマテラピートリートメントでよく使用される精油から10種類を選択し、グレープシードオイルをキャリアオイルとして、1%・3%・5%に希釈。河合法で、皮膚刺激性を評価しました。その結果すべての精油において、1%の希釈濃度では準陰性となり、1%の希釈濃度は、安全性の観点から妥当であることが示唆されました。ただしAEAJでは、体調や皮膚の状態に応じて、さらに低濃度にするなど、希釈濃度を調整することを推奨しています。

試験方法(河合法)

STEP1

STEP1

各精油の試料を20名(男性7名、女性13名)の被験者の腕の上腕内側部に塗布し、ガーゼで覆う。

STEP2

STEP2

24時間経過した後、ガーゼをはがして肉眼で判定。

STEP3

STEP3

皮膚表面のレプリカ(皮膚表面の凹凸)を採取し、顕微鏡で判定。

判定方法

以下の基準により陰性から陽性を判定します。

レプリカの50%以上の領域に皮溝深化が観察された例とコントロール(皮膚刺激性の少ない柔軟剤)で同状態が観察された例の差(顕微鏡判定) 比較的強い刺激によって角層に生じるダメージ(皮溝消失など)が認められる例(顕微鏡判定) 紅斑、浮腫などの反応が認められる例(肉眼判定)
0例 1~2例 3例 4例以上 1例以上 1例以上
陰性 準陰性 準陽性 陽性
肌への刺激が弱い

肌への刺激が強い

結果

精油 1% 3% 5%
ラベンダー精油 - - -
ローズオットー精油 - - -
スイートマージョラム精油 - - -
ローズマリー精油 - - -
オレンジ・スイート精油 - -
サンダルウッド精油 - -
ユーカリ精油 - -
ペパーミント精油 - -
ティートリー精油 -
ゼラニウム精油 -
  • 陽性…+
  • 準陽性…△
  • 準陰性… −
  • ※本研究の準陽性、陽性反応は顕微鏡観察においての判定であり、肉眼および自覚症状としての肌状態の悪化は確認されませんでした。
  • ※研究で使用された試料は、各精油をグレープシードオイルに希釈したものであり、精油のみの刺激性を示すものではありません。

研究ノート 「精油10種の皮膚刺激と濃度に関する研究.野田信三、熊谷千津、島上和則、手塚千史、村上志緒、山本芳邦.アロマテラピー学雑誌 Vol.15, No.1, 115-121, 2015」