アロマテラピー検定・資格の認定、学術調査研究の実施

アロマテラピーアドバイザー

アロマセラピスト 取得者データ

アロマセラピスト認定者

12,369人(2022年3月31日現在)

受験の動機(複数選択)

1 仕事のスキルアップのため 85%
2 アロマテラピーの知識を深めるため 68%
3 家族や友人の健康や体調管理に役立てるため 59%

受験者の業種

1 理美容・エステ関連 17%
2 医療関連 15%
3 福祉関連 6%

勉強期間

勉強期間

取得してよかったこと

「人を癒す技術を身につけられた」

  • ・アロマセラピストとしての知識と技術を磨いて、できるだけたくさんの方の健康増進に役立てたいです。また、地域のボランティアなどにも積極的に参加して、資格を活用していきたいと思っています。(30代女性)
  • ・アロマセラピストになるために技術を学んだことで、アロマの魅力、可能性を広げていけるような人間になれたと思っています。介護施設でのボランティアなど、資格を使って広く活動していきたいです。(50代女性)

「人との繋がりの大切さを実感できた」

  • ・福祉関係の仕事をしています。今後職場でも活用して、アロマを広めていきたく取得しました。私と同じように考えている方はきっとたくさんいらっしゃると思っています。アロマを楽しんでもらうことはもちろん、アロマセラピスト資格を多く方に知ってもらえるように、広く活用していきたいです。 (40代女性)
  • ・新型コロナウイルスなど、ストレスが多い社会において、アロマの力は計り知れないと思い、アロマセラピストを取得しました。まずは家族や友人など身近な人を癒し、コロナが収束したときにはサロンでトリートメントを行って、皆に癒しを届けられるように準備したいです。(50代女性)

資格に関するアンケート

回答期間:第46~47回アロマセラピストアンケート
回答数:146人