アロマテラピー検定・資格の認定、学術調査研究の実施

アロマの研究・調査

健康|Health

睡眠時の歯ぎしりに精油が与える影響

睡眠中の歯ぎしりは、睡眠の質を大きく左右します。本人だけでなく、寝室を同じくする家族に影響が及ぶことも。今回は、睡眠時の歯ぎしりにラベンダー精油が与える影響を検証した研究を紹介します。

実験方法

対象睡眠時に歯ぎしりをしている男女26名(平均年齢24.8±3.2歳)
精油ラベンダー(脱イオン水で0.08%に希釈)
対照脱イオン水
介入方法睡眠時にアロマディフューザーにより1回10分間の噴霧を30分おきに実施。(アロマディフューザーは被験者頭部の左側約1メートルの床の位置に設置)
測定項目介入前後の睡眠中の歯ぎしりの回数、脳波の測定、および睡眠に関するアンケート等を実施。

実験結果

●睡眠中にラベンダー精油を噴霧すると、介入前と比べて歯ぎしりの回数が有意に減少しました。

●上記以外にも、ラベンダー精油の噴霧により睡眠時間と睡眠効率が有意に増加、入眠潜時
(眠りにつくまでの時間)は有意に減少しました。

この研究により、睡眠中のラベンダー精油の芳香浴により歯ぎしりが減り、睡眠の質が向上する可能性が示唆されました。

論文  大川 穣,他 (2019) 嗅覚刺激による睡眠時ブラキシズムの抑制. J.Jpn. Soc. Stomatognath. Funct. 25:87-101.