公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ:Aroma Environment Association of Japan)

LINEで送る

香育って?

木の幹の香り、生い茂る葉っぱの香り、土の香り…香りに意識を向けてみれば、私たちの周りには植物の生命力を感じる香りがあふれていることに気づきます。香りを嗅いだ時に感じた思いは、子どもたちのイマジネーションを広げてくれるでしょう。
香育とは、子どもたちに向けた「香りの体験教育」です。植物から採れる精油(エッセンシャルオイル)を嗅いでみることで、五感のひとつ「嗅覚」に意識を向けます。物によって香りに個性があることや、嗅いだ時の気持ちがちがうことを体験し、人と香り、人と植物の関わりを考えます。
豊かな香りは植物の恵みであることを知った上で、香りあふれる豊かな自然環境を大切にすることを学びます。

公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)とは?

公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)は、子どもたちに香りの体験学習を通して、豊かな感性と自然環境への意識を育んでいただく目的で、子どもたちを対象とした香りの教育を「香育」と名付け、2001年より幅広い活動を実施してきました。
一般の方が気軽に参加できる香育体験イベント開催のほか、AEAJ認定アロマテラピーインストラクターが全国各地の小中学校等を訪れて「香育」の出張授業を行う際のサポートを行っており、これまでに約800校4万2千人の生徒が香育を体験しています。AEAJの香育活動の詳細はこちら

「香育」を体験した子どもたちの声

いちばん好きな香りのオレンジを付けたら、からだが飛んでいきそうでした!(小学1年生・大分県) 人間は植物がないと生きていけないことを教えてもらいました。(小学3年生・高知県) 環境が良くないといい香りもしないし、人間も気持ち良く生きられないので、植物も人間も一緒だと思った。(小学6年生・大阪府)

「香育」体験のススメ

神戸布引ハーブ園 本位田 有恒園長(樹木医)のコメント AEAJ認定 アロマテラピーインストラクター 岩崎 真由美さんのコメント
<知る>植物の香りについて <体験する>香育体験イベントに参加しよう <体験する>おうちで体験しよう
ページトップへ