会員専用ページ

イベントレポート

2017/08/09

地区イベント アロマセミナー2017 in 福岡

地区イベント アロマセミナー2017 in 福岡

日時:2017 年7月22 日(土)13:00~15:40

場所:福岡県中小企業振興センター/福岡県福岡市

参加者:92名

会員協力(ハンドトリートメントコーナー):10名

 

セミナー① 香りを楽しむスパイス&ハーブ料理

講師 遠藤 由美氏 エスビー食品株式会社広報ユニットにて、メニュー提案を担当。「スパイス&ハーブマスター」として料理教室や講演など、スパイスやハーブの魅力を紹介する活動を行う。

 

 普段慣れ親しんでいる精油の香りと関連して、今回は料理で使う「スパイス&ハーブ」をテーマにご講演いただきました。セミナー前半では、ローレル、シナモン、ミントなどの香りを参加者に体験していただき、後半では、スパイスをブレンドしていく過程での香りの変化を感じてもらうデモンストレーションを実施。スパイスとハーブの特徴から料理における役割や味の深みを出すための効果的な使い方など、すぐにでも料理に使用したくなるようなお話をしていただきました。普段何気なく料理に使っている香りをじっくりと楽しめるセミナーとなりました。

 

左:講師の遠藤先生 スパイスの香り体験の様子

 

【参加者の声】

・スパイスを使った料理をたくさん知ることができたので、早速実践してみたくなりました。

・普段の料理でも、香りや風味を意識していこうと思います。

・精油との共通点もあり、スパイスとハーブにもとても興味がわきました。

 

セミナー② 日本産のアロマの成分と可能性

講師 稲本 正氏 正プラス代表代表取締役、オークヴィレッジ会長。立教大学物理学科卒業。森林研究家。「yuica[結馨](ゆいか)」をプロデュース。環境に良い事業を新しい切り口で取り組む。

 

原子物理学を学ばれていたご経験から、セミナー前半では、宇宙・原子の世界と植物やアロマの関係について、後半では、日本原産の精油についてご講演いただきました。自社で抽出している精油の成分や事例から見えてくるアロマの可能性について、稲本先生のご経験や哲学的な考え方を踏まえた幅広い視点でのお話となりました。また、ニオイコブシ、ミズメザクラの香りの体験も実施。日本でとれる精油の香りも参加者の方に楽しんでいただきました。

 



講師の稲本先生 

【参加者の声】

・森林の甘い香りが素敵でした。九州にアロマテラピーをもっと広めていきたいと思います。

・精油の成分にはまだまだ未知な発見があることを感じ、日本精油のこれからがとても楽しみです。

・アロマを物理、化学の面から考える時間となり、新しい視点を知ることができて良かったです。