1. HOME
  2. アロマを知る
  3. アロマテラピー Q&A

アロマテラピー Q&A

  • アロマテラピーのQ&A

全部を見る 全部を閉じる

精油はどこに保管すればよいのでしょうか?
精油は紫外線や温度変化により、酸化・変質しますので、 直射日光、高温多湿な場所を避けて保管して下さい。また、ポリエチレン等容器を溶解・分解する可能性がありますので、遮光できる色のついたガラス瓶が適しています。開封後は1年を目安に使いきりましょう。柑橘系のオイルは、他の精油と比べて、寿命が短いといわれています。
精油は飲んでもよいのでしょうか?
AEAJでは、希釈したものであっても、精油を飲んだり、他の食品と一緒に摂取したり、うがいに使うことをおすすめしていません。また、目の周りや粘膜部分への使用は避けて下さい。
妊婦さんも使ってよいのでしょうか?
妊娠時は体調に考慮し、芳香浴以外のアロマテラピーを行う際は十分注意してください。アロマテラピートリートメントを受ける場合は、医師や経験を積んだ専門家に相談しましょう。
光毒性とはどんなものでしょうか?
皮膚につけた精油成分の一部が日光などの強い紫外線に反応して、各種の症状(かゆみ・発赤・しみなどの色素沈着)を生じることです。光毒性をもつ可能性のある精油を日中に使用する場合は、注意が必要です。(グレープフルーツ、ベルガモット、レモンなど)
ポプリオイルと精油の違いは?
ポプリオイルは、精油や合成香料をアルコールや溶剤で希釈したものが中心ですので、アロマテラピーには適しません。見分け方としては、ラベル表示を確認すること、価格もひとつの参考になります。
アロマテラピーとアロマセラピーの違いは?
同じ意味ですが、アロマテラピーは仏語読みを、アロマセラピーは英語読みを日本語表記したものです。
精油を料理に使用することをすすめたりしてよいのですか?
AEAJでは、安全性の観点よりアロマテラピーの分野において使用する精油の飲用はもちろん、ほかの食品と一緒に摂取することはすすめていません。海外では専門家が精油の飲用を指示することがまれにあるようですが、ホームケアにおいては、使用量がコントロールできないため、決しておすすめできません。精油は自然の状態に比べ、かなり濃縮された液体であり、精油を正しく使用するために知っておくべき危険性のひとつとして「経口毒性」があります。「経口毒性」とは、精油成分が消化器系から吸収され、体内を循環し、肝臓や腎臓に重大な影響を及ぼしたり、神経組織に影響を与える神経毒性などが考えられるため、誤って飲用してしまう場合も含め、精油の飲用は危険を伴っています。

アロマテラピーの普及とともに、精油の使用目的や利用方法も多様化しておりますが、例えば、精油を料理に使用したりする行為やAEAJ認定資格取得者が精油の飲用をすすめたりする行為については、AEAJが精油の飲用をすすめているとの誤解や誤認を生じる恐れがあるため、法人名・スクール名・資格名など、協会活動と直結すると思われる肩書を使用して活動することは避けていただくようお願いいたします。

AEAJ会員およびAEAJ認定資格取得者の方々におかれましては、協会の目的であるアロマテラピーの安全で正しい普及のため、安全性を重視した使用方法として「精油の飲用はおすすめしない」という協会の考え方を今一度ご理解いただき、アロマテラピーの普及・啓発活動を行っていただくよう、引き続きよろしくお願いいたします。
精油はどこで買えるのですか?
アロマテラピーショップ、ハーブショップ、デパートのアロマテラピーコーナーなどで購入できます。はじめて精油を購入される場合は、専門のスタッフがいるお店での購入をお勧めします。
法人会員ショップ・サロンリスト

全部を見る 全部を閉じる