精油の種類

精油には皆さんにもよく知られている「ラベンダー」や「ペパーミント」をはじめ、多くの種類があります。このページでは、まずは初心者の方でも使いやすい精油として10種類の精油をご紹介します。

イランイラン(バンレイシ科)

熱帯気候の低地に育つ常緑高木。名前の「イランイラン」は「花の中の花」を表すタガログ語からきています。甘い香りが特徴で、イライラや不安を和らげて心と身体を安定に導くといわれています。フローラル調の濃厚な香り。


オレンジ・スイート(ミカン科)

神経の緊張を緩めてリラックスさせ、ストレスによるイライラの解消に役立ちます。なじみのあるオレンジの香りは、広い世代に人気があります。


ジュニパーベリー(ヒノキ科)

乾燥した丘陵地帯に育つ常緑の針葉樹。雌木には丸い果実がなり、洋酒「ジン」の香りづけに用いられています。精油は森をイメージさせるウッディですっきりした香り。


ゼラニウム(フウロソウ科)

19世紀の初めに南フランスで栽培が始まり、現在でも香水などの香料として広く利用されています。ローズに似た香りで、心と身体の両面に対してバランスを整える作用が期待できます。


ティートリー(フトモモ科)

ティートリー精油のすっきりとさわやかな香りは、心と身体のリフレッシュに役立ちます。実験結果から、多様な微生物に対する殺菌作用があることが分かっています。


ペパーミント(シソ科)

ペパーミント精油はすっきりとした清涼感のある香りが特徴。体感温度を下げるクールダウン作用が明らかになっています。


レモングラス(イネ科)

全草にレモンのような強い香りがあり、東南アジアでは葉を料理の香りづけに用いるほか、消化を促進する作用があるとされハーブティとして飲まれています。精油は抗菌作用や虫よけの作用が期待できます。


ラベンダー(シソ科)

日本では北海道で昭和初期から香料植物として栽培されてきました。精油は鎮静作用で知られ、ストレスで緊張した心と身体をリラックスさせます。質の高い睡眠にも役立つことが報告されています。


グレープフルーツ(ミカン科)

グレープフルーツ精油は、甘酸っぱくさわやかな香りで気分をリフレッシュさせてくれます。近年の研究では、グレープフルーツの香りが交感神経を活性化して、脂肪の分解や燃焼をしやすくするという結果が出ています。


ローズマリー(シソ科)

ローズマリー精油はすっきりしたハーブ調の香りで、その成分にはカンファ―が含まれています。カンファーは樟脳ともいわれ、古くから防虫剤の原料として用いられてきました。