1. HOME
  2. アロマを知る
  3. 精油とは
  4. 精油(エッセンシャルオイル)とは

精油(エッセンシャルオイル)とは

精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。

主な精油の製造法

植物から精油を製造する方法は、その精油成分の特性により、いくつかの製造法があります。
ここでは、代表的な精油の製造法をご紹介します。

水蒸気蒸留法

原料の植物を蒸留釜に入れ、直接蒸気を吹き込んだり、釜に入っている水を沸騰させたりして、その水蒸気で植物の芳香成分を蒸発させます。この芳香成分を含んだ水蒸気は、冷却槽を通って冷やされるうちに液化し、水と精油の2層に分かれます。ここで水と分離した精油を得ます。
抽出の際に発生する水の中には水溶性(水に溶けやすい性質)の芳香成分が溶け込んでいます。この「水」を「芳香蒸留水」といい、ローズ・ウォーター、オレンジフラワー・ウォーター、ラベンダー・ウォーターなどとして利用されます。

圧搾法

主に柑橘系の精油を得る時に利用される方法です。昔は、その果皮を手で圧搾して、スポンジに吸わせて回収していました。
現在ではローラーで圧搾し、分液精製などの作業が機械化されています。

その他の方法

その他下記のような製造方法があります。

  • 揮発性有機溶剤抽出法(芳香成分を直接溶かして得る)
  • 超臨界流体抽出法 (芳香成分を液化ガスで取り出す)

コラム1覚えておきたい精油(エッセンシャルオイル)の特徴!

精油(エッセンシャルオイル)は強い香りがする「芳香性」、空気中に放置しておくと蒸発する「揮発性」、水に溶けにくく、油に溶けやすい「親油性(脂溶性)」という3つの大きな特徴を持っています。またそのほかにも光や熱、酸素によって劣化する特性を持つため、取り扱いには注意が必要です。

コラム2精油は油?

「油」という文字が含まれている精油ですが、「油脂」ではありません。オリーブ油やごま油などの植物油と同じようなものだと思われがちなのですが、これは大きな誤解。植物油の多くは油脂といわれる物質で、脂肪酸とグリセリンの結合したものからできています。それに比べて精油は、植物が作り出した天然の化学物質である有機化合物が集まってできたものです。