1. HOME
  2. アロマを知る
  3. アロマテラピーとは
  4. アロマテラピーのメカニズム

アロマテラピーのメカニズム

精油の香りを嗅いだり、精油を用いたトリートメントで身体に触れられる体験は、どのように私たちの脳で受け止められ、心と身体に作用するのでしょうか。
ここでは、アロマテラピー(精油)が心と身体に作用するメカニズムを紹介します。

アロマテラピー(精油)が心と体に作用する経路

嗅覚を通しての精神・生理作用
香りの分子が鼻の奥に達し、信号として嗅神経を介して脳へと伝わります。
そこで精神的・生理的に作用します。
吸入による作用
呼吸と共に肺の肺胞から血管系へ入り、血流に乗って、全身に作用します。
経皮作用
皮膚の表面(表皮および附属器)から真皮へと吸収され、真皮にある毛細血管まで成分が到達し、全身を巡る循環に乗ります。
アロマテラピーの方法

コラム嗅覚のしくみ

嗅覚は、人間の五感の中でも特殊な感覚であり、「原始的」「直接的」と言われ、生理反応に直接結びつく、とても重要な感覚です。 鼻腔に入った芳香成分は、最初に大脳辺緑系に伝わります。香りの刺激は、大脳辺緑系で古い記憶や本能行動と結びつき、さらに視床下部へと伝わり、身体に生理反応が現れます。
視床下部は「脳の中の脳」と言われるほど重要な器官で、私たちの体の恒常性を保つために、自律神経系や内分泌系(ホルモン調節)、そして免疫系を調節しています。
ここで重要なのは、嗅覚が大脳新皮質による知的な解釈を通さずに、身体の生理反応に直結しているということです。