STORY01

友人宅でアロマディフューザーを見かけて、はじめてアロマテラピーを知りました。当時アロマのことは全く知らなかったのですが、心地よい香りにすっかり夢中になり、アロマテラピー検定1級を取得しました。その後しばらくは時々家で芳香浴をするくらいだったのですが、ある日過呼吸の発作を起こしてしまって。仕事でストレスが溜まっていたのと、関西から東京に越してきたばかりで環境の変化に戸惑っていたことが原因だと思います。その時、家にあったジャスミンの精油ビンを無意識に手に取って「落ち着け、落ち着け」と思いながら香りを吸い込みました。はじめはまったく匂いを感じなかったのですが、だんだんと匂いが分かるようになってきて……そう思った時には過呼吸が治まっていました。この体験がきっかけとなり、アロマについてもっと深く知りたいという気持ちになりました。

STORY02

アロマテラピーについて知れば知るほど、自分だけではなく、周りの友人にも役立てたいと思うようになりました。私は声優をしていますが、仲間同士でよく「本番前の緊張や失敗したときの気持ちの切り替えをどう処理してよいのか分からない」という話をします。スタジオの中は秒単位で物事が流れていきますし、立ち位置、マイクの順番、他の声優さんの邪魔にならないような動作など、とても神経を使います。そうした現場でアロマテラピーを活かして、みんながもっとリラックス出来れば、今まで以上の力が出せるんじゃないかと思いました。仲間のためにも頑張ってさらに上の資格を取って、知識を身につけようと思っています。

STORY03

アロマセラピストの資格取得のためにトリートメントの演習をしていたとき、モデルに協力してくれた友人がどんどんキレイになっていくのを目の当たりにしました。彼女はいつもジーパンに着古したTシャツで、アトピーを患っていることもあり「こんな肌だから化粧しても何も変わらないし、おしゃれしたってしょうがない」と、身だしなみに無頓着でした。それが、トリートメント数回で肌の赤身が消え、同時に彼女の気持ちも変わっていきました。「今日はお化粧してみたの」と言った彼女はとても可愛らしく、そう褒めるとうれしそうに笑って、次第にスカートやワンピースを着るように。以前は「面倒くさい」とばかり言っていた彼女が、今ではダイエットのためにマラソンもはじめたそうです。前向きに変わった彼女を見て、私もとても幸せな気持ちになりました。

STORY04

原因が分からないモヤモヤする気持ちや、フラストレーションを抱えてどうしていいか分からないという人は結構いるようなのです。以前ブログで、“アロマテラピーの基礎講座”としてバスソルトの作り方などを記し「こんなに簡単に出来るんですよ」「アロマテラピーは難しくないですよ」ということを書いたら、実際に試してみたという男性から「やってみてはじめて気づきました。僕、疲れていたんだなって」というお返事をいただいて、こうした情報を必要としている人が世の中には意外と多いのでは、と感じました。周囲の人が笑顔になるのはもちろんうれしいですが、顔も知らない誰かが私の声を拾って、悩みから解放されると考えると、アロマテラピーの力を無限に感じます。これからはネットなどを通じてもっと多くの人に、私の出来る限りのことを伝えていけたら、と思っています。

※個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

AEAJ 公益社団法人 日本アロマ環境協会

PAGE TOP